立平葺A 直付工法

金属板を立ち上げて馳を設け、
馳締めした屋根です。馳締めの代わりに
キャップを用いたものもあります。

設置条件(標準タイプ、高強度タイプ)

標準タイプ(横ボルト1本仕様)
ソーラーパネル タイプ NFタイプ
設置向き 横置
風圧荷重 設計用基準風速 Vo=38m/s以下
設置高さ(アレイ最頂部) H=20m以下
地表面粗度区分 ⅢまたはⅣ
用途係数 Iw=1.0
積雪荷重 地上垂直積雪量 Zs=99㎝以下
雪の平均単位荷重(一般の地方) P=20N/cm/㎡
地震荷重 各部に生じる水平震度 H=1.0
地震地域係数 Z=1.0
ソーラーパネル寸法 面積:1.7㎡/台以下
重量:23.0㎏/台以下
設置(傾斜)角度〔屋根勾配〕 0°以上10°未満
設置対象屋根(建物) 陸屋根・片流れ・切妻屋根の閉鎖型建築物
  • ※表中の設置条件以外でも設置可能な場合がございますので、お問い合わせください。
  • ※その他注意事項につきましては共通事項をご確認ください。
  • 勾配・地上垂直積雪量に対する固定点数
  • 設計用基準風速・設置高さに対する固定点数
    • 嵌合式立平葺

    • 巻きハゼ立平葺

    ※画像をクリックすると拡大します 

  • ※上記2つの固定点数表を照らし合わせたとき、多い方が設置可能な固定点数の条件になります。
高強度タイプ(横ボルト2本仕様)
ソーラーパネル タイプ NFタイプ
設置向き 横置
風圧荷重 設計用基準風速 Vo=38m/s以下
設置高さ(アレイ最頂部) H=20m以下
地表面粗度区分 ⅢまたはⅣ
用途係数 Iw=1.0
積雪荷重 地上垂直積雪量 Zs=99㎝以下
雪の平均単位荷重(一般の地方) P=20N/cm/㎡
地上垂直積雪量 Zs=150㎝以下
雪の平均単位荷重(一般の地方) P=30N/cm/㎡
地震荷重 各部に生じる水平震度 H=1.0
地震地域係数 Z=1.0
ソーラーパネル寸法 面積:1.7㎡/台以下
重量:23.0㎏/台以下
設置(傾斜)角度〔屋根勾配〕 0°以上10°未満
設置対象屋根(建物) 陸屋根・片流れ・切妻屋根の閉鎖型建築物
  • ※表中の設置条件以外でも設置可能な場合がございますので、お問い合わせください。
  • ※その他注意事項につきましては共通事項をご確認ください。
  • 勾配・地上垂直積雪量に対する固定点数
  • 設計用基準風速・設置高さに対する固定点数
    • 嵌合式立平葺

    • 巻きハゼ立平葺

    ※画像をクリックすると拡大します 

立平A直付イラストイメージ

イラストイメージ

※イラストは標準タイプ(横ボルト1本仕様)です。

施工概要図

概要図

※パネルを並べて取付ける際は、中間部(W)の寸法にご注意ください。
※イラストはNFタイプ用です。

技術情報

パネル
取付部
断面タイプ
パネル
高さ
金具
取付場所
製品
コード
重量
(kg)
強度
データ
要パスワード
簡易
図面
要パスワード
施工
要領書
要パスワード
製品
カタログ
NF H32~H50共通 中間部 - - - 18P0010-0.zip ES1701-Y00-3.zip -
NF H32~H50共通 端部 - - - 18P0014-0.zip ES1701-Y00-3.zip -
NF高強度 H32~H50共通 中間部 - - - 18P0012-0.zip ES1701-Y01-3.zip -
NF高強度 H32~H50共通 端部 - - - 18P0016-0.zip ES1701-Y01-3.zip -
SY H32~H50共通 中間部・端部共通 - - - - ES1826-Y00-0.zip -

製品改良等により、仕様は予告なく変更する場合があります。