トピックス

担当者必見、ソーラー発電導入のメリット

そもそも今、なぜソーラー発電なのか。資源制約が少ない国産エネルギーだからこその「安定供給」、環境への負荷が少ない「地球温暖化対策」、幅広い産業が関わることによる「新規産業、雇用創出への寄与」など新エネルギーの意義は多岐にわたりますが、具体事例の多いソーラー発電は最も導入しやすいシステムだといわれています。

クリーンエネルギー

太陽光をエネルギー源とするため二酸化炭素の排出はゼロ。永続的で膨大なエネルギー源を活用する理想的なシステムです。

どこにでも設置可能

太陽の当たる場所ならば設置OK。工夫次第でほとんどの地域に設置できるほか、屋根などの未利用スペースを有効活用できます。

メンテナンスが簡単で長持ち

太陽電池モジュールの技術は日々進歩し、その寿命も大幅に延びています。でもシステムは単純なので保守管理も容易です。

導入規模は目的に応じて

ニーズや予算に応じて規模を自由に決められるのがソーラー発電。システムに応じて、ではなく、目的に応じたシステムを構築できます。

補助金などの支援も充実

ほかの新エネルギー同様、規模や条件によって国や自治体から設置費用の補助が受けられる場合も。導入の際は該当機関に確認を。

新たな社会的貢献

新エネルギーの導入は、企業の社会的貢献の新たなスタイル。積極的に取り組むことで企業への評価も高まります。

お問い合わせ・お見積もりはこちら