トピックス

太陽光発電を行う理由

太陽光発電について

「環境」は企業価値を高める最重要キーワードです。

京都議定書が発効し、政府・自治体のCOv(2)削減に向けた動きが加速しています。2010年を迎え、規制が本格化しており、企業が対応しなければならないことは少なくありません。 特に省エネ法改正により、省エネ法の規制対象となる企業は、改正前の10%から、改正後には50%程度まで拡大するとみられています。
しかし、これら法令へのコンプライアンスは、エネルギーコスト削減による経営基盤の強化や、会社全体の取り組みによる企業の活性化など、貴社の企業価値向上につながる重要な経営課題とも言えます。

なぜ太陽光発電なのか?

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。地上に到達する太陽光のエネルギー量は1m^(2)当たり約1kW。 仮に地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できれば、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほどです。
現在の日本においては、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまいます。 太陽光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、エネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。
また、クリーンであることも大きな特長です。発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(COv(2))も発電時にはまったく排出しません。
エネルギー源の確保が簡単で、環境にやさしい太陽光発電。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量の増加が見込まれています。