地上設置用
太陽電池架台システム

積雪50cm以下

設置条件

グランドスパイラル ※1 スクリュー杭 ※1 コンクリート ※3
地質 粘性土 粘性土
地盤N値 N値:4~10※2 N値:4~15※2
地盤からの杭の突出し長さ 100mm(標準50mm) 80~400mm
(基準200mm)
積雪荷重 地上垂直積雪量 Zs=50cm以下
雪の平均単位荷重 P = 20N/㎡・cm以下
風圧荷重 設計用基準風速 0=38m/s以下
設置高さ(アレイ最頂部) 2.5m以下
地表面粗度区分 Ⅲ又はⅣ
用途係数 I=1.0
地震荷重 設計用水平震度 k=1.0
地震地域係数 Z=1.0
用途係数 I=1.0
ソーラーパネル 設置向き 横置
寸法 長辺:1670mm以下、短辺:1000mm以下
面積 1.67㎡/台以下
重さ 23kg/台以下
固定方法 裏面ボルト固定(4箇所/台)※4
(ソーラーパネルのフレームに架台取付穴がないタイプは取付けできません)
  • 注 JIS C 8955:2011太陽電池アレイ用支持物設計標準に基づき算出しています。
  • ※1 塩害地域には設置できません。
  • ※2 液状化の恐れのある地盤や地盤沈下の懸念のある場合は除く。N値は地盤面か(GL)からグランドスパイラル
  •    またはスクリュー杭先端までの根入れ深さの範囲。
  • ※3 塩害地域向けについてはお問い合わせください。
  • ※4 長辺側フレームの架台取付穴間隔は800~1250mmの範囲

特長

特長

製品について

製品について

金属杭と杭頭金具

金属杭と杭頭金具

  • 注 上記最大荷重値は当社試験値であくまでも参考値であり、保証するものではありません。荷重性能値は地盤の状態や強さなど、地質条件によって異なります。
  • ※1 杭の載荷試験方法は社団法人 地盤工学会「地盤工学会規準杭の鉛直載荷試験方法・同解説一第一回改訂版一の段階載荷方式」を参考に当社独自の試験方法。
  • ※2 各荷重性値を算出するにあたり、日本建築学会「建築基礎構造設計指針」に加え、水平許容支持力については社団法人日本道路公団「道路橋示方書・同解説」を参考に当社独自方法により算出。
  • ※3 換算N値はスウェーデン式サウンディング試験による。地盤面(GL)から金属杭先端までの根入れ深さの範囲がN値4。

施工について

杭打機用アタッチメントを
ご用意しております。
施工について
詳しくは弊社営業担当まで
お問い合わせください。

技術情報

地上設置用太陽電池架台システム 積雪50cm以下
製品コード 重量
(kg)
備考 強度
データ
要パスワード
簡易
図面
要パスワード
施工
要領書
要パスワード
製品
カタログ