陸屋根/架台

様々な基礎とソーラーパネルに対応する
陸屋根架台もご用意しております。

設置条件

ソーラーパネルの設置向き 横置 縦置
風圧荷重 設計用基準風速 V0=38m/s以下
設置(屋根)高さ
(アレイ最頂部)
H=20m以下
地表面粗度区分 Ⅲ又はⅣ
用途係数 I=1.0
積雪荷重 地上垂直積雪量 Zs=99cm以下
雪の平均単位荷重 P=20N/㎡・cm以下(一般の地方)
地震荷重 設計用水平震度 kp=1.0
地震地域係数 Z=1.0
用途係数 I=1.0
設置(傾斜)角度 30°以下
  • ※表中の設置条件以外でも設置可能な場合がございますので、お問い合わせください。
  • ※設置する架台の高さ 4000mm以下(基礎回杭を含む) 
  • ※弊社の陸屋根架台の標準架台仕様は高耐食性めっき鋼板(受注生産)です。
  • ※ソーラーパネル固定方法:ソーラーパネル裏面ボルト固定 又はソーラーパネルフレーム押さえ固定

製品改良等により、仕様は予告なく変更する場合があります。