開発スタッフインタビュー

諦めない気持ちで製品化を目指す

渡辺 拓也
技術室/2011年入社
ソーラー取付金具開発担当

ーー入社のきっかけと、現在の仕事について教えてください。

当社の採用ホームページが入社を希望するきっかけに。そこにあった「開発に必要なスキルは後からでも身に付く。大切なのは諦めない気持ち」という岩名室長の言葉に、ぐっと後押しされました。それまで製造業に携わったことはありませんでしたが、ぜひ挑戦してみたいと思えたんです。

今はその岩名室長のもとで新製品の開発に取り組んでいます。開発というとCADに向かってずっと図面を書いているイメージですが、起案・企画から図面起こし、試作、検証、評価までが私たちの仕事。時にはお客様のもとに出向いて説明や打ち合わせも行います。お客様からのダイレクトな反応を目の当たりにするとやる気につながりますね。

ーーサカタ製作所のいいところとは。

ものづくりの楽しさをたっぷり味わえること。それがとても新鮮です。今の部署に配属されてまだ日が浅いのですが、分からないことは先輩が丁寧に教えてくれるし、そのような和やかで働きやすい雰囲気に助けられています。また上司も「何か提案ある?」と気軽に声をかけてくれるなど、自然と自分の意見を口にできるようなムードも当社の魅力ではないでしょうか。

土日や祝日はきっちり休んでリフレッシュ。福利厚生の充実も大きなポイントです。日々の仕事に安心して集中できるのも、その後ろ盾があってこそ。従業員満足度の高さは、仕事へのモチベーションにもつながるので大切だと実感します。

ーー今後の目標は何でしょう。

開発の仕事には失敗がつきものだと分かっていても、うまくいかないことが続くとつい落ち込んでしまいます。今の自分に必要なのは成功体験。そのためにも知識と経験を積み重ね、まずは自分の開発したものを製品化することが当面の目標です。

大切なのは、やはり簡単に諦めないこと。日々の仕事に前向きな気持ちで臨み、少しずつでも成長していくことで、さらなるやりがいを手に入れたいと思っています。

失敗に負けないタフな気持ちが重要

岩名 紘司
技術室 室長/1999年入社

ーー室長の仕事と、いつも心がけていることを教えてください。

開発計画を守りながら日々の業務を管理し、新製品を世に出していくのが私の仕事です。マネジメント面で最も気を配るのは、社員一人ひとりのモチベーションをいかに高めるか、ということ。失敗が続いていても単に手助けするのではなく、本人の力によって壁をクリアし、達成感をもってもらえるよう配慮します。自分でやりきったという実感と自信こそ、次のいい仕事につながるはずですから。

当社には個々の提案を積極的に吸い上げる風土があり、やる気と能力次第では、自分の構想を形にすることが可能です。中でも企画から手がける技術室は、その実現に最も近い部署と言えるでしょう。

ーーこの仕事の面白さは何でしょう。

ズバリ、自分の企画した製品が世に出ることです。それをお客様に使っていただき良い評価を得られたときは、苦労も忘れ、この仕事の醍醐味を実感します。また当社の手がけるソーラー取付金具が世の中で多く使われるほど、再生可能エネルギーとしてソーラー事業が普及しているということ。私たちの日々の仕事は社会貢献につながっていると自覚しながら、より真摯に取り組んでいきたいですね。

今後は短期的な製品開発に加え、中長期的な研究開発にも力を入れたいと考えます。こうして他社が追随できないような優れた製品を世に送り出すことが、私たちの新たな使命となるでしょう。

ーー技術室ではどのような人材を求めていますか。

精神的にも体力的にもタフな人ですね。開発の仕事は根気がいるし、どんなに一所懸命取り組んでもうまくいかないことが多い。また時には、屋根に上って現状を調べたり処置したりすることもあります。そのためメンタルもフィジカルも強い人のほうが、より向いているような気がします。

そして重要なのは、絶対に諦めない粘り強さです。開発に必要なスキルは入社してからいくらでも身に付くので、どんなに失敗してもめげずに取り組むタフな気持ちこそ、何よりも大切な能力だと思います。

ページトップへ